So-net無料ブログ作成
検索選択

二重まぶたとある。


二重まぶたとある。つまり『蔚海暗殺を命ずる。手段は問わない』という意味になる。清瑞と指名されているが、これは清瑞個人に命じるということではなく、清瑞の指揮するホタルに命じている。

つばを飲み込むほどの緊張が奔った。古今において、九峪が清瑞に暗殺を命じたことは数少ない。暗殺もまた忍びの業の真骨頂である。乱波の端くれとして、血が騒がないはずがない。

とはいえ、嬉々とするかといえば、それほど楽天にもなれない。清瑞の知る限り、主君の九峪は暗殺を嫌う傾向があり、それを決断するということはいよいよ行き詰っている証でもある。

蔚海の隆盛にはさすがの九峪も手を焼いているということだ。げに恐ろしきは時流の勢いである。

その勢いを断絶させる大役を、他でもない自分が負わされたという事が、何よりも緊張を誘う。
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。