So-net無料ブログ作成

CSVの定義

“Comma-Separated Values”の略で、
異なる機械や異なるアプリ間でデータ交換する際に採用されることが多いデータ形式。
特に表計算のデータなど、2次元までの構造を持ったデータの表現が得意。

まだちらっとしか読んでないのですが、以前は厳密な定義が規格化されてなかったために、
データ中の二重引用符の扱い、¥や逆スラッシュによるエスケープ、文字列値の引用符囲み、など
アプリ毎に微妙に差異のある部分がどういう定義になっているのか気になります。
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。